オーストラリア銀行で不祥事相次ぐ

コモンウェルス銀行でマネーロンダリングの疑いが浮上したと
日経新聞が報じています。

2012年の新型ATMで不正が行われているらしいようですが、
1日何回も入金ができ、他行カードだと身元が明らかになりにくいという特徴を
マネーロンダリングに悪用されていたということだそうです。
そして動向は15年半ばまで対策を取らなかったと。

過去コモンウェルス銀行では保険金の不払いやFAの不正なども報告されています。
また、オーストラリアでは日本のメガバンクにあたる4大銀行というものがあるのですが
他のナショナルオーストラリア銀行、オーストラリアニュージーランド銀行ウエストバック銀行でも
不祥事が指摘されており、
金融先進国といわれているオーストラリアでずさんな取引が行われていたことに
衝撃が広がっています。

オーストラリアに投資する投資信託だと、
時価総額の大きいこともあって、
ウエイト上位にこの4大銀行が入っていることが多いので
名前は知っているという方も多いのではないでしょうか?

最近注目されていたLMオーストラリア株ファンドなど
多少影響がありそうなところです。
オーストラリア・オセアニア株のファンドをお持ちの方はご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です